勃起不全の自己チェック項目

自分が勃起不全ではないかと不安に思っている男性は意外と多く存在しています。
しかし、病院に行き診断してもらうという行為にためらいのある方も数多く存在しています。

勃起不全とは、完全に勃起できない状態のみを示すわけではありません。
勃起を維持する自信や、性交の満足度などから自分自身が勃起不全であるかどうかを判断できるチェックを行うこともできます。
チェックを行った結果、重症であった場合には病院に行く勇気もわいてきますし、勃起不全の心配がないと出た場合には安心感を感じることができます。

勃起不全の自己チェック項目にはさまざまなものがありますが、大体が5~6問程度の簡単な質問で構成されています。
勃起を持続させる自信があるか、性的刺激によって勃起できるか、性的刺激によって挿入まで行えるかなどの質問が聞かれます。
他にも性交中に勃起できなくなることはあるか、性交を満足に行えるかなどの項目もあります。

精神的なものが原因で勃起できなくなることもありますし、肉体的なものが原因で勃起不全の症状が出ることもあります。
自己チェックでは確定的な診断を行うことはできません。
勃起不全の症状は年齢や生活習慣病の影響であらわれることもあります。
気になる方は医師に相談してみましょう。